山陽小野田町立図書館

ホーム > 子ども読書活動推進計画 (第2次)

子ども読書活動推進計画


子ども読書活動推進計画_banner.png

 近年、様々なメディアの普及に伴い本離れが言われるなか、山陽小野田市においては、
平成18年に山陽小野田市子ども読書活動推進計画第一次計画を策定し、市内在住の児童文学作家、村中李衣さんの発案による、おなかの中の赤ちゃんに絵本の読み聞かせを行う「マタニティ・ブックスタート事業」の推進、小中学校への「出前図書館」(中央図書館)や幼稚園・保育への「おはなし隊」(厚狭図書館)など直接小中学校、幼稚園・保育園に出向いての
読書活動推進を実施しました。

1_.jpg2__.jpg



 

 また、市内小中学校の図書館支援員全校配置や、学校図書館リニューアルにも取り組んだ結果、児童生徒の学校図書館利用も増加し、子どもたちの読書活動も広がりつつあります。

 第一次計画を経て、平成25年11月には山陽小野田市子ども読書活動推進計画第二次計画を策定しました。今後も次代を担う子どもたちが素晴らしい本と出会えるよう、子どもの読書活動を推進してまいります。