山陽小野田町立図書館

ホーム > 図書館のイベント > 『フランス・バロック音楽とアート』開催!!

『フランス・バロック音楽とアート』開催!!

2017年9月21日

『フランス・バロック音楽とアート』開催決定!!

【修正済】フランス・バロック.png このたび、ギター三重奏団トリオ・ニテティスと美術家・師井公二氏によるコンサートの開催が決定いたしました!!
 今回、プログラムの中心で演奏される"ジャン=フィリップ・ラモー(1702-1766)"は、フランス・バロック音楽を代表する作曲家である。
 ラモーの生きた時代、日本は江戸時代、葛飾北斎が活躍し、1702年(元禄15年)忠臣蔵の討ち入り、1732年享保大飢饉など、激震の時代であった。


 演奏者、トリオ・ニテティス(パリ在住)は、パリ大学出身の音楽研究者3名で結成された、ユニークなギター三重奏団である。
 今回は、宇部市出身の美術家(パリ在住)師井公二氏のインスタレーションも加わり、フランスの香りのする、聞く機会の少ないフランス・バロック音楽を楽しめるコンサートである。

日時

2017年10月24日(火)14:00~15:30【開場/13:30】

場所

山陽小野田市立中央図書館 2F 視聴覚ホール

定員

80名

プロフィール(敬称略)

【トリオ・ニテティス】
 ◆竹下 節子(解説と第二ギター)
  フランス在住。1994年クラシック・ギターによるバロックアンサンブル
  「トリオ・ニテティス」を創設。国際文化交流サロン「シューペルシアード」主宰。
  東京大学及び、同大学院、パリ大学博士課程、高等研究所に学んだ比較文化研究者。
  宗教文化関係の著書多数。
 ◆ミレイユ・ジェラール(第一ギター)
  ソロ・ギタリスト、バロック・ギターとテオルブ奏者。
  公立音楽院ギター教授(ギター教授フランス国家資格者)。
  国公立音楽院を審査員賛辞付優等で卒業。パリ大学音楽学終了。
  古楽器アンサンブルLa Livriではバロック・ギター担当。
 ◆アキム・ミゥディ(バス・ギター)
  ソロ・ギタリスト、チェンバロ奏者、指揮者、作曲家。
  パリ大学音楽学、パリ市音楽院作曲科卒業。フランス音楽アグレガシオン
  (大学教授資格)取得者。正五度の10弦ギター使用。
  古楽器アンサンブルLa Livriではチェンバロ担当。
【師井 公二】
  1952年山口県生まれ。
  1974年渡仏(以後フランス在住)
  パリ美術学校、アトリエ17版画工房などで学ぶ

チケット

【 一 般 】前売り:¥1,500 当日:¥2,000
【高校生以下】前売り/当日:¥1,000

チケット取り扱い

山陽小野田市立中央図書館 カウンター

お問合せ

山陽小野田市立中央図書館【TEL.0836-83-2870】

主催

山陽小野田市