山陽小野田市立図書館

ホーム > 図書館のイベント > 10/30(土)第37サイエンス・カフェ

10/30(土)第37サイエンス・カフェ

2021年9月30日

山陽小野田市立 山口東京理科大学の先生方に、
それぞれの専門分野について高校生にも分かりやすく
お話ししていただく講座『サイエンス・カフェ』を開催します。

今回37回目のテーマは
『水と酸素の相互変換:未来を支える再生可能エネルギーの化学』です。
植物の光合成によって水から酸素がつくられ、私たちの呼吸によって酸素は水に変換されています。
この自然と生命の化学反応では、「金属タンパク質」と呼ばれる「触媒」がはたらいています。
金属タンパク質にはさまざまな種類が存在し、それぞれが特有の化学反応を触媒して、自然界と
生命における物質・エネルギー変換を担っています。したがって、金属タンパク質の優れた
反応の一部を人工の触媒で模倣できれば、持続可能なエネルギーの供給が可能になると言っても
過言ではありません。水と酸素の相互変換は、未来の水素社会を支える化学反応の一つであることから、
世界の化学者たちが、その化学的原理の解明を目指し、そして高い効率で水を酸素に変換する
触媒と酸素を水に変換する触媒の開発に挑戦しています。本講演では、金属タンパク質による
水と酸素の変換の化学について解説し、化学者たちによる触媒の研究例を紹介いたします。

テーマ : 『水と酸素の相互変換:未来を支える再生可能エネルギーの化学』

日 時 : 2021年10月30日(土)13:30~15:00

会 場 : 山陽小野田市立中央図書館 2F第一会議室

講 師 : 山陽小野田市立山口東京理科大学 工学部応用化学科 准教授

   太田 雄大(おおた たけひろ) 氏
  〈学位:博士(工学)京都大学
   専門分野:生物無機化学、体化学、物理化学、分光学〉

【略歴】

京都大学工学部石油化学科卒
京都大学大学院工学研究科分子工学専攻 博士課程修了。
日本学術振興会 特別研究員(自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター)、
スタンフォード大学化学科 博士研究員、
九州大学助教、兵庫県立大学講師を経て、
2018年10月より現職。

対 象 : 高校生以上 ※マスクの着用をお願いします。

定 員 : 20名程度 (要申込み)

参加費 : 参加無料

申込方法 : カウンター・電話・FAX ・ E-mail

お問合せ・お申込み先 :

   山陽小野田市立中央図書館
   TEL:0836-83-2870
   FAX:0836-83-3564
   E-mail:cyuo-library●city.sanyo-onoda.lg.jp
       (●は@に置き換えてください)

主催 : 山陽小野田市立中央図書館